Good Service Design Series

tokyobike


ただモノを売るのではなく、「体験」という新しい価値を提供=サービスデザインしている国内外の企業をピックアップ。 サービスデザインにより、人々のライフスタイルに革命を起こしたポイントをご紹介します。

第2回は、1997年、台東区谷中にて設立された自転車の製造販売を手がけるブランド「tokyo bike」。みなさんの中にも、すでに乗っていらっしゃる方がいらっしゃるかもしれません。東急ハンズやオッシュマンズで販売がスタートし、今では谷中をはじめ、高円寺と中目黒にも直営店を構え、ロンドン・ベルリン・ミラノ・ニューヨーク等、海外での店舗も増え注目を集めています。

サービスデザイン:乗る人が主役。東京を走るためのトーキョーバイク

山を走るのが「マウンテンバイク」なら、東京を走るのが「トーキョーバイク」

速く走ることや移動することだけが目的ではない、乗る人が日々の何気ない暮らしの中で気分を軽くすることができる1台の自転車。 信号や坂道の多い東京を気持ちよく走るために、スピード出すことよりも踏み込んだ瞬間の軽さや、上り坂をすいすいと登れる気持ちよさ、自転車に乗って楽しむ街の風景を大切にしたいのがトーキョーバイク。生活と密接していながらも、ちょっとした幸せを感じることができる乗り心地の良い自転車としてデザインされています。

トーキョーバイクに乗って旅に出よう

自転車の販売だけでなくレンタルバイクサービスでは、実際にトーキョーバイクに乗って東京の街を走る体験ができます。 谷中には、トーキョーバイクが運営するレンタルバイクを中心としたコンセプトショップがあります。 創業300年を超える酒屋「伊勢五本店」の店舗だった場所で、バーとして日本酒を扱うほか、レンタルバイク、シティガイド、生活雑貨の販売、コーヒースタンドなどのサービスを通して、街を楽しむこと、生活を楽しむことの魅力をトーキョーバイクならではの視点で伝えています。

人の笑顔を引き出す、街のハブの機能をもつ直営店

谷中だけでなく、中目黒、高円寺などの直営店では、朝活と称して自転車で近所のパンの名店をまわるツアーのほか、季節ごとのクラフトワークショップ、落語会、子供と一緒にする手遊びなど、自転車にこだわらない様々なイベントを開催しています。自転車を販売するだけではなく、東京の街を楽しむための企画をお店がハブとなって人々を繋いでいます。(自転車のパンク修理講座ももちろんあります)

デザインポイント:テーマは " TOKYO SLOW "

自転車を意識せず、街の風景や空気の匂いを感じるための自転車体験、それが" TOKYO SLOW “。 " TOKYO SLOW “をテーマにフレームをデザインし、使用するパーツを一つ一つ吟味されてできあがったのが「トーキョーバイク」です。

走り出した瞬間、思わず笑みがこぼれる軽快なこぎだしのために、
タイヤの径は小さく26インチ

キッズから大人まで、男女と問わず愛されるスタイリッシュでシンプルなデザイン

都会の生活にとけ込むシティサイクルから、坂道に最適なスポーツバイク、ミニベロなど、幅広いラインナップがあり、フレームのカラーリングも豊富、直営店では全てのパーツを選ぶカスタムが可能で、自分だけのトーキョーバイクを手に入れることができます。

子供用自転車には、親が片手で楽に自転車を持ち上げられるよう、フレームに便利な持ち手が。

海外にも広めた”TOKYO SLOW”という価値観

実は日本よりも多いのが海外の直営店。海外でも日本の直営店と同じように、自転車だけでなくその周りにある東京の風景、シティガイド、そして文房具や生活雑貨まで、行ったことがなくても東京を感じることができる、”TOKYO SLOW”を提供し、共感を得ています。 そして" TOKYO SLOW “は、東京でなくとも今自分が住んでいる街を楽しむ、そんなライフスタイルを全世界に提案し受け入れられています。

“It’s mostly a mindset, and it doesn’t have to do with actual speed, but more with absorbing everything that’s around you at a different pace than your everyday. Instead of just walking or riding your bike past a place, Tokyo Slow is about taking a step back and really looking up, looking down, smelling the scents, and just really taking it in, instead of just passing by.So with tokyobike, the foundation is Tokyo Slow, where it’s not about getting on a bike and going from point A to point B, but about everything that happens in between points A and B, and why it makes point A and point B so special and so important.”

— Juliana Rudell Di Simone @ tokyobike New York

ただの移動手段でなく、日々の自分の暮らしをより楽しいものにしてくれるトーキョーバイク。普段着で乗れる自転車とのワクワクするライフスタイルを、東京から世界へ発信している注目のブランドです。